potetoの広場

アクセスカウンタ

zoom RSS 初冬の北陸路ドライブ その3

<<   作成日時 : 2018/01/12 16:35  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ◎11月30日 越前三国−岐阜羽島
  朝8時過ぎに休暇村越前三国を出発して宿で聞いた越前蟹の問屋を尋ねる。田島魚問屋。なるほど朝早くか ら越前蟹を茹でている。周囲は、湯気が充満していた。ここで越前蟹を購入して宅急便で配送を依頼した。一  乗谷朝倉遺跡を目指して車を進める。山間に朝倉氏の邸宅跡がある。今でも不便なところになぜ邸宅を建て  たのだろう。今では、畑しかないが当時は、街並みが並び朝倉邸があった。規模は、6400u
 昔の人はよく考えた。
画像

                             朝倉氏の邸宅跡

  ここから高速道路で岐阜の横蔵寺へ向かう。北陸道から名神高速道の養老ジャンクションから東海環状自動 車道で終点まで行き国道21号、国道417号、国道303経由で山間の開けたところに両界山横蔵寺が山間の 隙間にひっそりとあった。駐車場から飛鳥川に架かる赤い医王橋を渡ると右手に山門が見える。あくまでも質  素な佇まい。ここの建物は、森の木々に囲まれていた。山門の奥に本堂、本堂の手前に香堂右手に三重塔が あり静かに佇んでいた。
画像

                             横蔵寺山門

画像

                             横蔵寺三重塔

画像

                             横蔵寺本堂

画像

                             横蔵寺本堂内部

  横蔵寺を後にこの度最後の寺を訪れる。西国三十三所谷汲山華厳寺だ。ここのもみじも有名だそうだ。もみ じまつりの最後の日にぶつかってしまった。約1kmの参道を歩いて仁王門に向かった。いやー参った。
  しかし今年最後のもみじがとても良い色を出している。もみじのおかげで長い参道も苦にならない。本殿(観  音堂)には、参拝来た人が奉納したススにまみれた巨大絵馬があった。見事だ。このススの状況から見ても   人々の信仰が伺われる。ここの十一面観音菩薩に願いを掛けた多くの人の思いがススに現れている。そのよ うな気がした。
画像

                           華厳寺参道のもみじ

画像

                           華厳寺仁王門

画像

                          華厳寺本堂(観音堂)

画像

                    華厳寺本堂(観音堂)に奉納された煤けた絵馬他

画像

                    華厳寺本堂(観音堂)に奉納された煤けた絵馬他

これで今回の旅の目的は、完了した。今夜は、岐阜羽島のかんぽの宿で旅の疲れを癒す。

◎12月1日 岐阜羽島−東京
朝8時過ぎに宿を出発して名神高速道路、中央高速道路で家路に着く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初冬の北陸路ドライブ その3 potetoの広場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる