potetoの広場

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス旅行その2

<<   作成日時 : 2009/09/26 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年9月6日(日)
【ヴェルサイユ宮殿ツアー】
 ヴェルサイユ宮殿ツアーに参加するために早めの7:00にホテルを出る。まだ通勤時間帯より少し早いため約30分で集合場所のオペラ座近くの三越前に到着。集合時間にまだ時間があるのでオペラ座を見て回る。正面は、がっしりとした風格のある建物がそびえている。多くのツアーがオペラ座前を集合場所にしているため朝早くから観光バスが行き交う。朝食を近くのカフェで済ませる。朝早くから開いてるカフェがあり助かる。出来たてのクロワッサン、アップルパイと紅茶で簡単に朝食を済ませる。さあーパリ観光の始まりだ。
画像

17名の小さなツアーだ。ヴェルサイユ宮殿まで約1時間のバス旅行。パリの中心から南へビル街から田園風景へと変わっていく。ヴェルサイユ宮殿に到着。各部屋に飾られている絵画は、どれをとってもすばらしい。皇后の戴冠式を描いた絵画では、ナポレオンが皇后に冠を授ける絵画であるが、同じ絵がルーブル美術館にも同じ絵がある。ただし、列席者の中のナポレオンの妹に思いを寄せていた画家は、ルーブルの絵では、他の娘と同じような色のドレスであるがヴェルサイユの絵では、ピンクのドレスに変更されている。なるほど!
画像


 各部屋を見て回り、各部屋の絵画もすばらしい。革命の時に多くの物が競売されたが、後に買い戻して今日に至っているとのこと。オリジナルの物である。
 最後に鏡の間を見学。昔の人は、すごいの一言に尽きる。鏡の間を考えたいきさつは、「なるほど」と感心する。
ヴェルサイユ条約歴史の舞台となったこの部屋を見学できたことは幸いである。
画像

 午後パリに戻り、マドレーヌ教会を見学した。これは見応えがある。この建物は,ギリシャの神殿を思わせる建物であり、これが教会かなと思う。
画像



この後セーヌ川の岸辺に沿って散策路が設けられているのでここを散策しながらシャンゼリゼ通りへ、そして凱旋門まで歩いた。セーヌ川は、ゆったりと流れ、パリ名物の観光船が多くの観光客を乗せて行き来している。更に岸には、川船が係留されており水上生活者の生活の一端を見ることができた。船は、小綺麗に塗装されておりパリの町に溶け込んでいる。驚いたのは、水上生活者の船には自家用車を積んでいるものもある。


画像


 シャンゼリゼ通りは、ドゴール広場から始まり凱旋門を通り更に1.5キロほど続いている。ドゴール広場から1キロメートルほどは、左右に公園がある一帯が続きその後にパリの高級店が並ぶシャンゼリゼ通りの中心街の商業施設である。左右には有名ブランドの店が並ぶ。道路沿いにはカフェ並び多くの人が会話を楽しんでいる。いよいよ凱旋門だ。凱旋門の屋上には多くの人影を認めることができる。「あそこに登るぞ」とワクワクしながら足を速めた。

画像

凱旋門からの眺めはこれまたすばらしい。凱旋門を中心に各道路が整備されている様子を見ることができた。エッフェル塔をはじめパリの有名な観光場所が一望できた。

 この日は、ホテルまで更に歩いて行く。途中のカフェで夕食を取る。ビールがうまい。ワインがうまい。料理がうまい。ホテルに到着。今日はよく歩いた。





画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス旅行その2 potetoの広場/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる